私と空手

初めて空手に出会ったのは高校生の時でした。

(↑これは成人しています。日本武道館)

就職、転勤等もあり断続的な関わりとなりますが私にとって思いである武道です。

この記事を書きながらも、恥ずかしい話ですが練習環境の問題で空手を中断しています(笑)

自慢する訳では決してありませんが、私がやっていた空手は。伝統空手です。
全日本空手道連盟三段、全自衛隊空手道連盟四段で、県の審判員資格も持っていました(今は期限切れ)

経緯は、高校入学と同時に空手なるものに出くわ「され」ました(^_^;)

なんと、住んでいた地区の先輩が同じ高校で空手をやって居たのです。

(*^_^*)もうお解りですね(T_T)

そうです、引きづり込まれたのです。もう抜けられないですね!

ま、高校時代は一応卒業まで在籍しましたが、試合で1度も勝つ事は出来ませでしたΣ(☉∀☉);

弱小空手部でしたが良い思い出です。

でも、これが後になって響いてきたのです
高校卒業後、航空自衛隊に入隊し、訓練に励んでいたところ、君は空手をやっていたらしいね!と先輩から言われ

えっ!何で知ってるの?と思いましたが、同じ仕事をやっている事や上司までもが空手をやっていたのです。

もうお解りですね!断れませんでした。

でも、今度は正式な指導員と先生が居ることから高校時代とは違った安心感があり、入部した次第です(/_;)

一生懸命練習しましたよ~。

練習は辛かったですが、試合は本当に楽しかったですね。試合も最初は負けていましたが、段々勝てるようになってきました。

組み手試合(相手との戦い)は四回戦位まではコンスタントに勝てましたが、それ以上は実力が及びません。

しかし形試合(1人で決められた動きをする)では東京地区で優勝した事も有ります。

1人で行える形試合が好きでしたね~。だって、痛くないですもん(笑)

そんなこんだしている間に10年が経ち転勤が決まり、民間の人が生活できない南の島へ流されてしまいました。

環境が整わず、空手生活は暫くお預けとなりました。

その後3回目の転勤で、日本海中央のある島へ転勤が命ぜられ着隊しました。数ヶ月後・・・・・・・。

同じ職場の先輩から(またです・・・。)「空手やっていたんだってね~・・・。」から始まって、最終的に説得されてしまったんです。何せブランクが大夫ありましたからね、心配だったんですよ。ついて行けるかどうか。

でも、その島での空手生活はとても楽しかったですね~

この事どのように書こうか迷いましたが止めましたm(_ _)m
だって、思い出が多すぎていつまで経っても終われそうになんですもの(*^_^*)
日を改めましてまた書きたいと思います。中途半端でごめんなさい<(_ _)>
ところで皆さん、どうして私が空手をやっている事を先輩方が判ったと思います?
それは秘密です!って言ったら、じゃ、書くなよ!って事になりますから言いますが、簡単に言うと「私はこんな人間です!」って言う事を紙に書いて出すんです。それをある人が見て先輩達に教えたんですね~(>_<)

でも、機会があったらまたやりたいですね、今度は健康維持の為にね(^^)/~~~

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)